メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「お食い初め用食器」検索結果。

お食い初め用食器の商品検索結果全27件中1~27件目

送料無料
agney アグニー お食い初め 食器 6点セット ベビー食器 スタンダードタイプ 歯固めの石付

Amazon

6,480

送料無料

agney アグニー お食い初め 食器 6点セット ベビー食器 スタンダードタイプ 歯固めの石付

竹のように「すくすく」と。安心と信頼のアグニーブランド。 アグニーのお食い初め食器6点セットはシンプルなデザインとナチュラルな風合いで、儀式のあとも使うことができます。アグニーのブランドマークのひつじが6点の食器それぞれの底面に刻印されています。 天然の竹食器は、健やかな成長を願うお食い初めの儀式にぴったり。 成長が早く、まっすぐ伸びる竹は、古くから縁起物の象徴です。 さらに、天然素材なのに食洗機に対応し、独自のコーティングを施しているので汚れもはじきやすく、とっても扱いやすいことが人気の秘密です。 ひつじのマークが可愛いオリジナルギフトBOX入りで、ギフトにも喜ばれる特別なお子様の為の食器セットです。 ●原産国:日本 → 品質・原産国表示ポリシー ●原材料:天然孟宗竹 ●原材料産地:中国・江西省※自社保有竹林にて収穫 ●表面:ウレタン塗装(食品衛生基準適合の日本製塗料を使用) ●加工:製材・粗削り ー 海外自社工場(中国江西省) ●成型・塗装 ー 国内自社工場(埼玉県越谷市) ○家庭用食器洗浄機 ○家庭用食器洗剤 × 電子レンジ 洗った後は柔らかい布で水分を拭き取り陰干しして下さい。 歯固めの石つき 【お食い初めに欠かせない「歯固めの儀」(はがためのぎ)】 生後100日頃は、ちょうど赤ちゃんの歯がはえはじめる時期でもあります。 歯固めの石とは、赤ちゃんに石のような丈夫な歯が生えますように、という願いを込めて用意するものです。 昔から、歯が強く丈夫なことが長寿を表すと考えられてきました。 年齢を表す「齢」という字は「年歯」とも書き、「よわい」とも読みます。「数珠つなぎにならぶ年月」という意味があります。 『土佐日記』や紫式部の『源氏物語』にも歯固めのことが書かれています。滝沢馬琴(たきざわばきん)も『玄同放言(げんどうほうげん)...

送料無料
アマブロ amabro OKUIZOME [ ホワイト ] 食器セット

Amazon

10,800

送料無料

アマブロ amabro OKUIZOME [ ホワイト ] 食器セット

一生に一度きり!赤ちゃんの生後100日目を祝う日本古来の伝統行事「お食い初め」。 日本の古儀式「お食い初め(おくいぞめ)」。赤ちゃんの生後100日目の祝いの儀式として100日まで元気に育ってくれた喜びと、「一生涯、食べ物だけは困らないように」との願いを込めて行われます。お食い初めは赤ちゃんの一生に一度きりの大切なお祝いだからこそ、特別な食器で食卓を彩りご家族の思い出の一つとして記憶に残るイベントにしたいですよね。こちらは日本のブランドamabroが手掛けたお食い初め用の食器セットです。日本の伝統工芸「波佐見焼」で作られた磁器の器は洗練された上品な佇まい。スプーンなどですくいやすいように器の内側に返しがあり、お子さまが大きくなっても普段使いができるようにシンプルで飽きのこないデザインに仕上がっています。お食い初めだけではなく、一汁三菜の「祝い膳」としてもご使用いただけます。※こちらは食器のみの販売になります。お料理は付属しておりませんのでご注意下さい。 お子さまの晴れの舞台を飾る日本の伝統工芸「波佐見焼」の食器。 長崎県波佐見町で生産されている陶磁器、波佐見焼は約400年の歴史を誇る日本の伝統工芸。OKUIZOMEは波佐見焼の伝統技術を活かしながら、現代の食卓での使いやすさを考慮して作られました。土の素朴な質感と釉薬のツヤ感で、シンプルな中にも温かみを感じる仕上がりです。和食・洋食・デザートなど、どんなお料理とも相性が良く食卓に違和感なく馴染んでくれます。

漆塗り 総朱お食い初め食器セット【男の子用】―歯固めの石 白木祝い箸進呈 ―

Amazon

14,040

漆塗り 総朱お食い初め食器セット【男の子用】―歯固めの石 白木祝い箸進呈 ―

木粉樹脂形成加工品に漆を塗って仕上げています。 お膳:26.5cm×26.5cm×8cm 飯椀:φ8.5cm×6㎝(高さ)汁椀:8.5cm×7㎝(高さ)高つき:φ8.0cm×4.5cm(高さ)平椀:φ10.0cm×6.0cm(高さ)つぼ椀:φ8.5cm×7.0cm(高さ)φ8.5cm×7.0cm(高さ) 【お食い初め】とは 赤ちゃんの祝い事のひとつで、生後百日または百二十日目に 『初めて母乳以外の食べ物』を用意し、食べさせるまねをします。 赤ちゃんの健やかな成長と、「一生食べ物に困らないようにと」願う日本の伝統的な儀式です。 『お食い初め』は平安時代の五十日(いか)、百日(ももか)の儀式。 また、魚や魚肉を食べさせる、魚味始め(まみはじめ)という儀式から始まったと伝えられています。 地方によっては百十日目におこなうところもあります。その呼び名も『食べ始め』、『箸初め』、『箸揃え』『箸立て』『真名初め』などと呼ばれています。 五十顆之餅(いかのもち)】とは 現在のお食い初めは、平安時代より京都の市比賣神社に伝わっております 『五十日百日之祝儀』がもとになっています。 このときに授与されるのが五十顆之餅でございます。うつわ日和ではこの五十顆之餅を授かりお客様にお届けいたします。

漆塗り 黒内朱お食い初め食器セット【女の子用】―歯固めの石 白木祝い箸進呈―

Amazon

14,040

漆塗り 黒内朱お食い初め食器セット【女の子用】―歯固めの石 白木祝い箸進呈―

木粉樹脂形成加工品に漆を塗って仕上げています。 お膳:26.5cm×26.5cm×8cm 飯椀:φ11cm×7㎝(高さ)汁椀:9.0cm×7㎝(高さ)高つき:φ8.0cm×4.5cm(高さ)平椀:φ12.0cm×6.5cm(高さ)つぼ椀:φ9.5cm×7.0cm(高さ) 【お食い初め】とは 赤ちゃんの祝い事のひとつで、生後百日または百二十日目に 『初めて母乳以外の食べ物』を用意し、食べさせるまねをします。 赤ちゃんの健やかな成長と、「一生食べ物に困らないようにと」願う日本の伝統的な儀式です。 『お食い初め』は平安時代の五十日(いか)、百日(ももか)の儀式。 また、魚や魚肉を食べさせる、魚味始め(まみはじめ)という儀式から始まったと伝えられています。 地方によっては百十日目におこなうところもあります。その呼び名も『食べ始め』、『箸初め』、『箸揃え』『箸立て』『真名初め』などと呼ばれています。 五十顆之餅(いかのもち)】とは 現在のお食い初めは、平安時代より京都の市比賣神社に伝わっております 『五十日百日之祝儀』がもとになっています。 このときに授与されるのが五十顆之餅でございます。うつわ日和ではこの五十顆之餅を授かりお客様にお届けいたします。

送料無料
お食い初め 食器セット ディズニー お祝い膳 赤 歯固めの石・説明書付 (黒(女の子、ミニー))

Amazon

5,400

送料無料

お食い初め 食器セット ディズニー お祝い膳 赤 歯固めの石・説明書付 (黒(女の子、ミニー))

漆器の産地として有名な石川県加賀市でひとつひとつ手塗りで仕上げた逸品 こちらはディズニーとコラボレーションしたスペシャルバージョン!男の子用赤にはミッキー、女の子用黒にはミニーがお膳のワンポイントに描かれています。プレゼントにも喜ばれ、ギフトラッピングは無料で承ります。日本伝統の赤ちゃんのお祝いお食い初め 日本古来の儀式、お食い初め。平安時代から始まり、「一生食べることに困らないように」と赤ちゃんの健やかな成長を願います。生後100日~120日の乳歯が生え始める頃が目安です。しきたりに習って本格的に行いたい方は、お食い初め専用の漆器セットを用意しましょう。 節句やお誕生日などお子様の様々な儀式に使用できます。 男女で色が異なり、男の子は内外ともに朱色の漆器、女の子は外側が黒色、内側が朱色の漆器です。 器の用途や並べ方などの説明書が付いているので、初めてのお食い初めでも安心です。 歯固めの石つき 【お食い初めに欠かせない「歯固めの儀」(はがためのぎ)】 生後100日頃は、ちょうど赤ちゃんの歯がはえはじめる時期でもあります。 歯固めの石とは、赤ちゃんに石のような丈夫な歯が生えますように、という願いを込めて用意するものです。 昔から、歯が強く丈夫なことが長寿を表すと考えられてきました。 年齢を表す「齢」という字は「年歯」とも書き、「よわい」とも読みます。「数珠つなぎにならぶ年月」という意味があります。 『土佐日記』や紫式部の『源氏物語』にも歯固めのことが書かれています。滝沢馬琴(たきざわばきん)も『玄同放言(げんどうほうげん)』の「草木身体同訓考(そうもくしんたいどうくんこう)」には、「老年になっても歯がしっかりしている人は長生きできる。それで歯を与波比(よわい)という。わが国のならわしで初春に大きな餅(鏡餅)を固めて...

こちらの関連商品はいかがですか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク